神奈川エリアの人気結婚式場をおすすめランキング形式でご紹介!口コミでも評判のウエディング会場を厳選!

結婚式の持ち込み料とは?結婚式場と確認しておこう

結婚式場で結婚披露宴を行う場合、費用を節約したり自分のお気に入りのものを持ち込みたいという場合もあるでしょう。

しかし、その場合には持ち込み料が発生するケースが一般的であることを理解しておく必要があります。

 

最も多いのが衣装持込みのケース

結婚式場で持ち込み料が発生するケースとして、最も多いのが衣装です。

基本的には、その結婚披露宴会場にある衣装室や提携先のレンタル衣装店の衣裳の中から選ぶことになるのですが、気に入ったものがないというトラブルも多いものです。

とくに、女性の場合には一生に一度きりの花嫁衣装にもなることから、妥協をしたくないという女性が大半です。

さらに、多少であればサイズのお直しができるとしても、極端に身長が低かったり細身の人、身長の高い人やふくよかな体型の人になると、そもそも選ぶことができる衣装の数が限られることもあります。

一般の貸衣装店からレンタルをするという方法もあるので、着るものが何もないという不安はありませんが、他店のものを利用するとなると持ち込み料が請求されるケースがほとんどです。

どの結婚披露宴会場でも、他から衣装を持ち込む場合に結婚披露宴が行われる当日に本人が持ってくるということはトラブル回避のためにも行われていません。

緊張のあまりに衣裳にまで気が回らず自宅に忘れて来てしまったり、小さくたたんで持ち込んでたたみシワがたくさんついているような衣装で結婚披露宴を行うわけにもいかないからです。

そのために事前に持ち込んでもらうことになりますが、そうなれば持ち込んだ衣裳を数日預かってもらうことになります。

ウェディングドレスやカラードレスになると一着でも場所を取ってしまうことになり、シワがつかないようにアイロンをかけて整えて保管してもらう必要も出てきます。

このような手間や置き場所代を考えて、費用が発生することになるのです。

持ち込みのための費用は、衣装1点につきいくらという価格で設定されているのが一般的です。

相場としては一着につき5万円から10万円程度ですが、これはその結婚披露宴会場によっても値段は違ってきます。

それでも、安い費用でレンタルができる場所から借りてくることができれば、持ち込み料を含めてもトータルの衣装のための費用は安く抑えられるケースもあります。

衣装を持ち込む場合には、プラスの費用がオプションとしてかかると言われても、すぐに諦めずに考え直してみましょう。

 

引き出物やスタッフに来てもらうにも持ち込み料が必要

衣装代の他にも、持ち込みをすることによって費用が発生するケースがあります。

結婚披露宴のお礼の品として招待客には引き出物を用意することになりますが、これもその会場の提携先企業を利用しない場合には持ち込み料がかかることになります。

1点あたり数百円というのが相場ですが、人数が増えるごとに費用はかさむことになります。

持ち込みをしなければ、持ち込み料の分だけ良い品を引き出物として用意してあげることができるのですが、みんなに喜んでもらえるような品物が見つからないということもあるでしょう。

引き出物以外にも、結婚披露宴が終わって会場を出る時に新郎新婦から渡されるプチギフトも同様です。

また、ウェディングケーキでは小さいころから近所にあって食べなれているケーキ屋の味をみんなにも堪能してもらいたい、友人にパティシエがいて頼みたいということもあるでしょう。

この場合には、費用の問題以外にも衛生面の点からそもそもの持ち込みを拒否されるケースもあります。

これ以外にも、スタッフを呼ぶ際にも費用が発生してきます。

ヘアメイクであれば、普段からお願いしている美容室のスタッフや特別な日だからこそ憧れのヘアメイクアップアーティストにお願いしたいというケースもあるでしょう。

しかし、費用が発生するだけでなく支度をしてもらう場所として会場のヘアメイク室を利用させてもらえないというトラブルもあります。

ホテルや結婚披露宴専門の会場など大きな場所になると、同じ時間帯にいくつもの結婚披露宴が行われていて、他の人もヘアメイクをするために場所が空いていないということもあるものです。

そんな場合、別に個室をヘアメイク用として用意してもらうことになれば、さらに利用料金が発生することにもなります。

他に、挙式では神父や牧師に来てもらいたい場合、司会者を別に頼みたい場合などでも持ち込み料として費用が発生するケースがあります。

初めての結婚披露宴という場合には、何かとオプション料金がかかることを知らずに驚いてしまう人も多いのです。

しかし、初めから理解しておけば後から後悔することもなく、スムーズに契約を進めることにも役立ちます。

 

結婚式場側にもメリットがあるような交渉を

結婚披露宴を行うには巨額な費用が必要になり、これからの結婚生活をかんがえると結婚披露宴にばかりお金をかけていられません。

節約できる部分は安く済ませたいものですが、結婚披露宴会場で用意してもらった中から気に入ったものが見つからずに妥協するということは避けたいものです。

まずは、営業担当者に総合的な費用としてこのくらいの値段を考えているということを伝えることから始め、持ち込みについて交渉を進めていく必要があります。

ここは、単に安くしてほしいという一点張りとなれば、営業担当者との関係も悪くなってしまいます。

結婚披露宴までお世話になるため、和やかな雰囲気で進めてもらうためにも説得力のある交渉が欠かせません。

そのために、新郎新婦側もあらかじめ作戦を練っておかなければならないのです。

例えば、衣装の持ち込みであれば全ての衣装を持ち込まずに衣装室からも利用させてもらうということを主張してみます。

男性用の衣装は利用させてもらったり、女性用でもウェディングドレスは持ち込むとしてもカラードレスは衣装室から利用させてもらうというふうに交渉を進めてみれば、相手を納得させることにも役立ちます。

無料とはならなくても減額してもらえる可能性もあるので、それだけでも節約につながります。

また、別のオプションを利用するので持ち込み料はタダにしてもらいたいという交渉から始め、うまくいかなければ減額の方向で話を進めてみるのも一つの方法です。

持ち込み料は、結婚披露宴の費用を考えたらほんの一部に過ぎません。

そのため、持ち込み料の問題だけでそもそもの契約がなくなってしまうというトラブルは営業担当者としても避けたいものです。

他の結婚式場と迷っているところだけれども、値引きをしてもらえたらここで契約したいという一言があれば、ライバル会社に取られたくないという思いで交渉に乗ってもらえる可能性も高まってきます。

いずれにせよ、交渉を行うのは契約をする前であることが前提です。

とくに、早めの予約となると交渉をする余地もあります。

契約の時点では、まだ衣装や引き出物などの種類を知らないこともあり、後から持ち込みたいと思うことになるかもしれません。

その場合を考え、持ち込む予定がない場合も契約前にチェックしておく必要があります。

 

結婚披露宴を行う場合、その結婚式場が指定した業者や人のサービスを利用することが前提となりますが、いいものが見つからないということもあるでしょう。

限られた中で選ぶというのも一つの方法ですが、一生に一度の結婚披露宴を妥協せずに行うには、持ち込みという方法を活用してみるのもいいでしょう。

費用の問題で迷っているのなら、諦めずに営業担当者と相談することも可能であり、その場合には結婚式場側にもメリットがあるような交渉方法をすればスムーズに進めることができます。

サイト内検索
神奈川結婚式場人気ランキング
エリア別でおすすめの結婚式場