神奈川エリアの人気結婚式場をおすすめランキング形式でご紹介!口コミでも評判のウエディング会場を厳選!

結婚式場への支払いのタイミングはいつ?

結婚式を挙げる際、披露宴と挙式の費用はいつまでに支払えば良いでしょうか。

結婚式自体は非常に大きなお金が動くので、急にお金を払わなければならなくなってしまうとかなり困ります。

したがって、予めどのタイミングで支払うべきかということを理解しておくようにしましょう。

そうすれば費用の準備も大体計画的に行うことができるようになるので、急な支払いが起きてしまうことはまずありません。

 

結婚式場によってもルールは違っています

実は、結婚式場の費用の支払う方法に関しては、その式場によって大きく違っているので、全ての式場が同じというわけではありません。

現在採用されている支払い方法に関しては主に3つありますが、その一つが前払いという形となっています。

結婚式の前日までには支払いを終わらせておく方法のことで、当日はすでにお金が払われた状態になっています。

ただ、結婚式の準備機関によってはお金を用意するのがかなり大変になってしまうこともあるので、その点には気をつけなければなりません。

また、式場の中には当日払いも可能としているところもあり、この方法であれば、ご祝儀を利用して支払うこともできます。

もちろんご祝儀では足りない分を予め想定してお金を準備しておく必要はありますが、全ての費用を自分たちで用意しなくても良いというメリットもあります。

また、結婚式が終わってから支払いをするという方法でも対応してくれている式場もあります。

この場合は結婚式の翌日から1週間以内など、決められた期日までに指定口座に振込む形です。

このように、式の前日まで、当日、後日と実は3つの中からえらぶことはできるようになっていますが、全ての式場がこのように三種類を用意しているわけではありません。

したがって、その式場が設定している支払うタイミングをよく調べ、決められた日までにはしっかりと支払っておきましょう。

 

多くの結婚式で採用しているのは前払いです

何百万円もかかることもある結婚式ですが、その支払い主に三種類となっていますが、現在最も多いのは前日まで、つまり前払いの形です。

利用者としてはできればご祝儀が入ってから、つまり当日か後日の方が用意する現金が少なくても済むので楽だとも言えます。

しかし式場側としては式を挙げたその費用を回収できなくなってしまうリスクをできるだけ回避しなければなりません。

だから、式を行う前に全て必要なお金を回収しておくことでリスクをできるだけ減らすことができるため、前払いを採用している式場が多いのです。

とは言え、当日や後日でも良いというところもあるので、もしなかなかお金を用意することができないという時は、当日、後日払いでも良いところを選ぶと良いでしょう。

そうすれば自己資金がもし少ししか用意できなかったとしても、ある程度ご祝儀で対応できるからです。

もちろんゲストの数が少なくて、ご祝儀の額を期待することができないという場合は、ブライダルローンを利用する方法もあります。

これなら挙式までにある程度のお金を用意できなくても問題はありませんが、結婚式を終えても分割で返済していかなければなりません。

 

式場にお金を払うタイミングは結婚式の時だけではない

結婚式を挙げる場合、まずは式場を見学して、さらにどれくらいの費用がかかるかなどを相談することになります。

そして自分たちが挙式したいと思ったところを選び、そこに申し込みをして成約というのが一般的な形です。

ただ、結婚式自体は挙式の時に全部のお金を払えば良いというわけではなく、まずは内金というお金が発生するので注意しましょう。

内金は、式場の方に正式に予約を入れた時点で発生するお金のことで、これはどこの式場でも同じだと理解しておくと良いでしょう。

その金額は式場によっても違っていますが、大体5万円から10万円程度となっています。

また、結婚式までに残りの費用を全額払えば良いということもあれば、中間金を払わなければならないこともあります。

また、式場だけで全ての物を用意することができれば良いのですが、式で利用するアイテムを外注した場合は、その会社の方にも費用を払わなければなりません。

例えばドレスを申し込むとか、ビデオ撮影を申し込むなどの場合、式場に払う費用とは別の支払うことになります。

この場合、ドレスは結婚式当日から見て1、2週間前には支払っておくというのが基本となっています。

またビデオ撮影などは後日指定された口座の方に直接払うということが多くなっているので注意しなければなりません。

結婚式自体は色々な人が関わっており、そこに関わる人が多くなれば支払うタイミング自体も複雑化すると理解しておきましょう。

ただ、結婚式場自体は最初から契約することもできますが、まずは仮予約というのを選ぶこともできます。

これはあくまでも仮の予約ということになるので、正式に契約しなければこの時点でお金が発生することはありません。

このように、結婚式自体は沢山のお金が動き、さらに色々なタイミングで支払わなければならないので、よくわからないでは対応できません。

まずはどのタイミングでどのお金を払うのか、さらに支払い方法は現金のみかクレジットカードでも良いかなど、調べておくことが重要です。

 

結婚式ではその式場の規模、式の内容、さらにそこに集まる人によっても変わりますが、かなり大きなお金が動きます。

だからお店で何か商品を買う時のように簡単に払うことができるわけではなく、まずは必要な費用を予め用意しておかなければなりません。

現在式場では主に3つの方法で支払うことができるようになっており、その人にとって便利な形をえらぶことも可能です。

まず一つは前払いと呼ばれるもので、これは挙式の前日までには支払っておくものとなっており、式当日はすでにお金のことを気にする必要はありません。

しかし全額自分たちでお金を用意しなければならなくなるので、その費用によっては少々負担が増すので注意が必要です。

また当日精算を選ぶことももちろん可能で、この場合は挙式が終わってから支払いという形となっています。

ご祝儀を利用して支払うこともできますが、ご祝儀分では足りない可能性もあるので少し余分に用意しなければなりません。

そして式の後に精算となるので、その後二次会などがある場合はかなりスピーディーに支払わなければならなくなります。

後日精算という形を採用している式場もあり、この場合は結婚式後一定期間の間に指定口座に振り込みます。

ご祝儀を利用して支払うこともできるだけでなく、支払いまでに時間的な余裕があるのでバタバタしづらいメリットもあります。

ただ、現在結婚式場では前払いの形を採用しているところが最も多くなっているのも理解しておきましょう。

式を挙げてからとなると、式場側としてはその費用を回収できないリスクが発生してしまいます。

しかし、前払いであればすでに式が始まる前までには全ての費用を回収できている状態になっているため、式場側としては最も低リスクな方法だからです。

また支払い自体は現金だけでなくクレジットカードや指定口座への振り込みなど色々とあるので、便利な方法を選びましょう。

ただ、結婚式の費用は全ての費用を一括で払うと思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

結婚式の契約を式場側と正式に結ぶと、内金として5万円から10万円払う必要があるからです。

また式場によっては中間金を請求することもあるので、実際に自分たちが式を挙げるところではどのようなルールになっているのか、どういったタイミングかを調べるべきです。

そうすればいつどれくらいの額のお金が必要かが分かるので、支払いで困ってしまうということも減るからです。

サイト内検索
神奈川結婚式場人気ランキング
エリア別でおすすめの結婚式場