神奈川エリアの人気結婚式場をおすすめランキング形式でご紹介!口コミでも評判のウエディング会場を厳選!

ペットを連れていける結婚式場を選ぼう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


自宅でペットを飼っている場合、結婚式にも一緒に参加させたいと考えている神奈川の新郎新婦も多いのではないでしょうか。今回は、それがOKな結婚式場の選び方や、参加させる際に守らなければならないルールなどについて紹介します。

まずはペット可かどうか確認をする

自分たちが飼っている犬などのペットを結婚式に参加させたい場合は、まずそれが可能な結婚式場かどうかを確認する必要があるでしょう。結婚情報サイトの検索サービスなどを利用すれば簡単に探すことができますし、実際に検索してみると神奈川という地域にもそれが可能な式場が複数あることが分かります。

また、式場のホームページやパンフレットに参加可能ということが書いていない場合でも、相談してみるとOKになるケースもあります。ですので、気になる式場がある場合は、参加可能かどうか分からない場合でもとりあえず問い合わせてみるとよいでしょう。

参加OKの式場に多いのは、ガーデンが併設されていたり、貸し切りにできたりする会場になります。具体的には、ガーデンのある専門式場やゲストハウスなどであり、犬などの動物を受け入れやすい環境があるところだと言えます。こうした犬などの結婚式への参加は、以前は許可されないことが多かったのですが、最近は参加させることができる式場が増えていると言えるでしょう。

しかし、衛生面での問題などにより許可していないところもあるため、式場側に何の相談もなくいきなり連れて行くのは避けるようにすべきです。ですので、犬などによる演出をしたいわけではなくただ連れていくだけという場合でも、必ず式場側に確認を取っておくことが必要です。

また、後で詳しく説明しますが、犬などの動物を参加させることが可能な場合でも、挙式会場だけに限られるなどの制限や決まりが設けられているケースが多いということも知っておきましょう。

参加可能な場合でも細かいルールがある

ペットが参加可能な結婚式場であれば、愛犬などを同伴することができますが、実は連れて行くことができる動物の種類や数、そして大きさなどにルールが設けられている場合がほとんどになります。

まず「種類」については、式場によってどの種類を許可するのかはまちまちですが「犬だけOK」というケースが多いと言えるでしょう。そして犬だけOKという場合、どんな犬でもいいというわけではなく、犬種に制限をかけているケースもあります。また式場によっては、犬以外にも猫やウサギ、そしてフェレットといった小動物ならOKという場合もあると言われています。

次に「大きさ」については、式場によって基準が設けられていることが多く、例えば中型犬まではOKで、大型犬はNGといったケースがあると言えるでしょう。あるいは、式場にペット用のケージが設けられている場合は、そこに入る大きさかどうかということが基準になっているケースもあります。

そして、複数飼っている人は、みんな連れて行きたいと考えるかもしれませんが、連れて行ける「数」については1匹~3匹程度に制限されている場合が多いと言えます。ですので、それ以上の数を飼っている場合は、連れて行く動物を絞り込むことが必要になると言えるでしょう。また、単純に数だけを制限するのではなく、大型犬なら1匹までで、小型犬や中型犬なら2匹までOKといったケースもあります。

その他のルールにとしては「しつけがしっかりしているかや、健康状態がどうか」といったことが問題になることがあります。例えば、むやみに吠えたり噛みついたりしないように最低限のしつけがなされているかということや、式場の世話係の言うことをきちんと聞けるかどうかということがチェックされるでしょう。

そしてノミやダニのケアがなされていることも重要になるため、事前にしっかりとしたケアをしておくことも必要になります。また、普段はおとなしくても、慣れていない環境だと吠えてしまうことがあるといった場合は、あらかじめ式場側に相談しておくようにしましょう。

以上のように、参加可能な場合でもさまざまな細かいルールが決められていることが多いため、しっかりと確認しておくことが必要になります。これらのルールは結婚式をスムーズに進めるために必要なものだとも言えるので、式場側と認識の違いがないようにしておくことが重要でしょう。

入れる場所や待機場所などもチェックしておく

ペットが参加できる場合でも、結婚式の始めから終わりまでずっと同伴できるわけではなく、入ることができる場所に制限が設けられているケースが多いと言えます。よくあるのは、チャペルなどの挙式会場はOKだけど、披露宴会場は許可されないというケースです。

披露宴会場というのは、ゲストに食事が出される場所なので、犬などの動物がいると衛生面で不安が生じるというのがその主な理由になります。その他にも、吠えたり、歩き回ったりしてゲストに迷惑がかかる可能性があるということも理由として考えられます。式場側としてもできるだけトラブルは避けたいはずなので、犬など動物の参加は必要最小限に抑えたいという判断なのでしょう。

ただし中には披露宴会場であってもOKというケースもありますし、ケージに入れた状態であれば許可するといった、条件付きで認めている場合もあります。また、本来であれば披露宴会場への参加は許可しないという場合であっても、相談することで許可してもらえるケースもあるため、ダメもとで相談してみるのもよいでしょう。

そして犬などの動物を参加させる場合は、同伴できる場所が限られているケースが多いため、同伴できない時間帯はどこかで待機させる必要があります。待機場所というのも重要になるのですが、主な待機場所としては、専用のスペースやガーデン、そして飼い主の車の中などになるでしょう。

式場に専用のスペースが設けられている場合は比較的安心できるといえますが、それ以外のガーデンなどが待機場所になっている場合は、愛犬が快適に過ごせる場所かどうかという確認が必要になります。特に披露宴会場に入れない場合は、待機時間も長くなってしまうため、その点も考慮しておくことが大切でしょう。

また、入ることができる場所だけでなく、犬など動物が参加できる場面やタイミングも式場によって変わってくるということも知っておく必要があります。挙式や披露宴にただ同伴するだけという場合もあれば、挙式のときにリングドッグなどの演出ができるという場合もあります。ですので、どんな参加場面や演出が可能なのかということも、式場側に事前に問い合わせておくことが必要になるでしょう。

その他にも、事前に式場側に聞いておいたほうがよいこととしては、犬などの動物の世話をするときのオモチャや食事などはどうしたらいいかということが挙げられます。そして、ゲストの中にもペットを連れて行きたいという人が現れた場合は、それが可能かどうかということも式場側に確認しておく必要があると言えるでしょう。

 

ペットを結婚式に参加させたい場合は、それが可能な式場かどうかをまず確認することが必要ですし、結婚情報サイトなどで調べることも可能です。ただし参加可能な場合であっても、動物の種類や数、そして大きさなどにルールが設けられている場合がほとんどなのでその確認が必要になります。

また、ペットが入ることができる場所が挙式会場だけに限られるのかどうかや、待機場所は快適に過ごせる環境かどうかといったこともチェックしておきましょう。

サイト内検索
神奈川結婚式場人気ランキング
茅ヶ崎迎賓館の画像
エリア別でおすすめの結婚式場