神奈川エリアの人気結婚式場をおすすめランキング形式でご紹介!口コミでも評判のウエディング会場を厳選!

結婚式場に見学しに行くべき件数は?

公開日:2019/03/14  

結婚式業者を利用すれば結婚式もより簡単に準備していけます。

とはいえ、結婚式会場選びなどは積極的に関与しないといけません。

結婚式会場選びは時間もかかるものの、納得できる結婚式会場を選んで後悔しないようにしましょう。

結婚式会場に見学しに行く際にはしておきたいことも多いですが、一体どのくらい結婚式会場は見ておけば良いのでしょうか。

 

どのくらい結婚式会場を見れば良いのかについて

まず、結婚式会場をどれくらい見れば良いかについて知っておきましょう。

これはケース・バイ・ケースですが、3ヶ所程度が目安です。

3ヶ所も結婚式会場を見れば比較もしやすくなってきますし、それぞれの結婚式会場のメリット・デメリットもわかってきます。

逆に一ヶ所しか結婚式会場を見ないと結婚式会場を選ぶ際の尺度も得られにくいです。

急いでいる場合を覗いて、結婚式会場は最低でも3ヶ所は見ておくと良いでしょう。

また、結婚式会場の選定に時間がかかりすぎることもあります。

これは結婚式会場を幾つも下見し過ぎて時間が取られるためです。

良い結婚式にしたい際には結婚式会場選びに時間をかけたくもなりますが、あまりにも時間をかけるとその後のスケジュールが一気に苦しくなります。

結婚式会場を選んだ後には招待状も出さないといけないですし、予行なども必要です。

早く結婚式会場を見つければ予約もしやすくなってきます。

最悪の場合、結婚式会場を他の人に取られてあまり乗り気でなかった結婚式会場を選ばないといけなくなることにもなりかねません。

こうしたことを防ぐためにも結婚式会場選びは1ヶ月程度で終えるようにしておきましょう。

また、どのような結婚式会場を見学しに行くのかも見学する件数とともに大事です。

例えば、和風の結婚式会場を見たら次は洋風の結婚式会場を見に行くと良いでしょう。

どの結婚式会場も似通ったものだとあまり比較しにくいものです。

こうした結婚式会場選びについても結婚式業者に相談すればいろいろとよいアドバイスをしてくれます。

結婚式業者によってはおすすめ結婚式会場を幾つも紹介してくれることもあるでしょう。

また、結婚式会場を下見に行く際には結婚式業者のスタッフと一緒に行くのもおすすめです。

こうすることでどういったポイントを見れば良いのかも自然とわかってきます。

結婚式会場を3ヶ所程度見て満足できるところがあったらその中から選びましょう。

もしも良さそうなところがなければまた3ヶ所程度選んで見学しに行ってみてください。

この際、前回行った結婚式会場が納得行かなかった理由を明確にしておくことが大事です。

例えば、会場が狭かったのかもしれませんし、会場の立地が気に食わなかったのかもしれません。

このように教訓を活かすことが大事です。

 

結婚式会場に見学しに行く際のポイントについて

結婚式会場に行く前に比較ポイントを明確にしておくと良いでしょう。

例えば、人によっては雰囲気を重視する人がいます。

これ以外に結婚式会場の広さを重視する人もいるでしょう。

何を重視するのか明確にしておけば見学もより捗りますのでおすすめです。

そんな結婚式会場を選ぶ際に真っ先に見ておきたいのが結婚式会場の使いやすいについてです。

結婚式会場によっては部屋配置などがあまり良くなく使いにくいところがあります。

当日使う際のことを考えながら控室の位置などを分析してみると良いでしょう。

他に結婚式会場から駅までの近さや結婚式会場の駐車場の広さなどもポイントです。

こうしたインフラ関係のことを忘れると後でトラブルになることもあります。

「たくさん呼びたいのに駐車場が小さくて困った」なんてことにもなりかねません。

だからこそ結婚式会場のインフラ関係の特徴についても比較しておきましょう。

結婚式会場の第一印象も大事です。

フィーリングが合う結婚式会場であれば後悔しにくくなります。

どのような結婚式会場なのかじっくり見てこうしたこともチェックしておきたいところです。

結婚式会場の料理も重要チェックポイントになります。

料理が良い結婚式会場であれば多少狭くとも我慢できます。

逆に料理が悪いと参列者から不満が出ることも。

このため、料理が味見できるような結婚式会場を見学しに行くのも良いでしょう。

結婚式会場によっては試食会などを開催しているところもあります。

このように見ておきことはかなり多いものです。

結婚式会場を見る際にはチェックリストなどを作成しておくと良いでしょう。

こうすることで見るべき項目もわかって比較しやすくなってきます。

また、結婚式会場に見学しに行く際には必ず予約を入れておくようにしてください。

急に言っても見学に対応してくれないこともあります。

結婚式会場によっては予約なしだと完全にNGなこともあります。

 

結婚式会場を見終わったらどうするか

結婚式会場を見学に行ったら実際に比較して契約を進めていきましょう。

良さそうな結婚式会場があったら結婚式開催予定日が空いているかチェックしておいてください。

良さそうな結婚式会場であれば仮予約しておくこともおすすめです。

また、本契約前には必ず見積もり書を作成しておくと良いでしょう。

見積もり書がないと後で料金などについてもめることも起こりやすくなってきます。

見積もり書は基本的に無料ですし作成してもらえない場合には契約しないほうがよいくらいです。

見積もり書を見る際にはどのようなコストがかかるのかについて見ておきましょう。

例えば、結婚式会場によっては基本料以外に駐車場利用料や送迎バス費用、食事費用などがかかってきます。

このような費用についてしっかり比較して納得してから契約してみてください。

本命の結婚式会場とともに予備の結婚式会場を見つけておくこともおすすめです。

こうすることでもしも本命の結婚式会場が閉館した場合などに備えることができます。

結婚式ではもしもの事態が生じやすいですからなるべく予備の結婚式会場も見つけて備えておきたいところです。

ちなみに価格交渉もできます。

価格交渉することによってよりお得に契約できるようになってくるはずです。

契約が終わったら招待状作成などに取り掛かっていきましょう。

招待状作成はなるべく早く作成しておきたいところです。

他にも、結婚式会場のセッティングなども必要になってきますし、結婚式会場の予行も必要です。

このようにやることがかなり多いですから、やることをチェックリスト化しておくと良いでしょう。

最後に良い結婚式会場を契約したらあまり気を抜きすぎないようにしてください。

することはたくさんありますから、気を抜かずにできることをしっかりしていくことが大事です。

 

結婚式会場を選ぶ際にはいくつか見ておくようにしましょう。

最低でも3ヶ所程度見ておくことでより比較もしやすくなってきます。

また、結婚式会場を見る際にはあまり時間をかけすぎないようにすることも大事です。

あまり時間をかけるとその後のスケジュールも詰まってきます。

実際に結婚式会場を見る際には結婚式会場の駅からの近さや結婚式会場の第一印象などについてチェックしておきましょう。

食事についても結婚式会場によっては試食会を実施しているなんてこともあります。

また、結婚式場の使いやすさもチェックしておくことでよりよい結婚式会場が選べるようになってくるはずです。

結婚式会場を選ぶ際には見積もり書をしっかり出してもらうといったことも大事です。

また、本命の結婚式会場だけでなく予備の結婚式会場も見つけておくと良いでしょう。

こうすることでもしもの際にも対応しやすくなってきます。

サイト内検索
神奈川結婚式場人気ランキング
茅ヶ崎迎賓館の画像
エリア別でおすすめの結婚式場