神奈川エリアの人気結婚式場をおすすめランキング形式でご紹介!口コミでも評判のウエディング会場を厳選!

冬の結婚式は迷惑がかかる?冬の結婚式のメリットとデメリット

いよいよ結婚式の日取りを決める段階に入った、幸せの絶頂にいる新郎新婦。

希望する日取りで結婚式を挙げられる新郎新婦もいるかもしれませんが、一方で仕事や親族の都合、式場の空き状況等に合わせて日取りを決める新郎新婦も多くいるでしょう。

結婚式が冬になる場合、時期的にゲストに迷惑はかからないのでしょうか。

冬の結婚式のメリットデメリットについて見ていきましょう。

 

寒い時期ならではのメリットがある

まずはメリットについて見ていきましょう。

費用が抑えられている最も実感しやすいメリットは、ずばり費用です。

寒い季節は挙式をする新郎新婦が減るため、結婚式場側としてはなんとか挙式数を増やしたいと考えますので、挙式費用を抑えている結婚式場が多くあります。

なので費用を安く済ませたい、と強く希望している新郎新婦の場合は、狙い目の時期ということです。

次に、希望の日に挙式ができる可能性が高まります。

春~秋の場合、自分達が希望する日程で挙式できる確率は低くなります。

また、人気の結婚式場の場合、1年以上順番待ちということもあります。

更に、一日に何組も挙式できる結婚式場の場合、結婚式の日に自分たちの組しかいないという可能性も他の季節に比べると高まります。

挙式する新郎新婦が少ないということはつまり、花嫁のウェディングドレスも、希望のデザインのドレスを選べる可能性が高くなるということです。

そして、冬ならではの演出が可能になるということです。

例えば、日没が早いため、イルミネーションをゲストに楽しんでもらう演出ができます。

温暖な季節にイルミネーションを楽しんでもらう場合、ナイトウェディングや二次会で実施することになります。

日没が早ければ、夕暮れ時からイルミネーションが目立ち、幻想的な演出が可能になります。

他の人とは違った結婚式にしたいと考えている新郎新婦にはおすすめです。

その他にも、クリスマスやバレンタインといったイベントと絡めた演出ができるというメリットがあります。

クリスマスもバレンタインも、どちらもロマンティックなイメージがあります。

そのため、結婚式にはぴったりな時期です。

BGMをクリスマスソングで統一したり、招待状や席次表といったペーパーアイテムもクリスマスらしく赤と緑で統一するなど、印象に残る演出が可能となります。

バレンタインは、チョコレートを引菓子にしたり、チョコレートフォンデュをゲストに楽しんでもらうなどの演出が映えます。

また、ハートのモチーフも結婚式にぴったりです。

このように、多くのメリットがあります。

 

デメリットはゲストに迷惑がかかるかもしれない点

積雪など天候に恵まれないやはり寒い時期、そのような足元の悪い中、ハイヒールにストッキングの女性ゲストを招くのは気が引けてしまうという新郎新婦もいるでしょう。

また、寒いため、屋外での記念撮影なども文句が出るのではないかと心配になる人もいるでしょう。

実際に屋外で記念撮影をした場合も、雲っていたり、日差しが弱かったりなどで、温暖な季節に比べると多少暗い印象の仕上がりになる可能性もあります。

また、屋外イベントに不向きな季節ブーケトスやバルーンリリースなどの屋外でのイベントの際も、ゲストにコートを着用してもらう必要があるなど、ひと手間かけてしまうことになります。

寒い思いをさせたくないからと、そういった屋外イベントを控える新郎新婦も多くいるのではないでしょうか。

また、庭にプールや滝など水の演出をしている結婚式場もあります。

そういった結婚式場は、オンシーズンはプールに花びらや船などを浮かべるといった演出が映えますが、寒くなるとゲストはほぼ目もくれずに暖かい会場内へ入ってしまうでしょう。

その他、デザートビュッフェをガーデンで行うといった演出も不向きな季節になります。

忙しい時期12月や1月はイベントも多く、更に年末年始の休日を含み、日程的にタイトな人が多くいます。

忘年会や新年会が連日入っているという人もいるかもしれません。

そのため繁忙期の職種も多くあり、休日出勤をする人もいるでしょう。

また、2月も他の月に比べて日数が少ないため、忙しい人が多くいます。

多くのゲストに来てほしいと望んでいても、忙しく出席できない人が増える可能性があることを念頭に置かなければなりません。

費用を抑えたと思われるかもしれない結婚式はオフシーズンである冬は費用が安いということを知っているゲストは多いものです。

特に、挙式経験のある既婚者の場合はその事実を知っている人が多くいます。

そのため、費用を抑えるために冬に結婚式を挙げたと思われる可能性があるのです。

例え新郎新婦側にはそのようなつもりはなく、あらゆる都合から仕方がなかったとしても、それを弁解する機会もほとんどありません。

 

結局ゲストに迷惑がかかってしまうのか

上記デメリットを見ると、やはりゲストに迷惑がかかることが多いように感じるかもしれません。

できることなら暖かい季節に挙式したいと思う新郎新婦もいるかもしれません。

しかし、暖かい季節の中でも、最良だと思う日は人気があるものです。

そのため費用が高かったり、一日に何組も挙式する新郎新婦が居て会場が忙しなかったりと、暖かい季節なりのデメリットもあるものです。

また、暖かいからと言って、全てのゲストにとって都合が良いというケースは少ないのではないでしょうか。

デメリットに目を向けるよりも、寒い季節ならではのメリットに目を向けて、誰もが忘れられない結婚式にしましょう。

ではデメリットを克服するためにはどうすればよいでしょうか。

上記デメリットの、天候に恵まれないという点については、駅から結婚式場まで送迎バスを用意したり、タクシー代を負担するなどの方法で、なるべく足元を濡らさないように来場してもらう方法が考えられます。

また、屋外イベントに不向きという点については、屋内のイベントをより充実させると良いですね。

実際、夏の猛暑日なども、屋外イベントには不向きです。

また、屋外イベントを行わない結婚式も多くあります。

屋内でゲストに目いっぱい楽しんでもらえる企画を、ウェディングプランナーの方と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

忙しい時期はゲストによって異なるため、新郎新婦には調整しようがありませんが、なるべく出席してほしいゲストの繁忙期などは事前に聞いておくと良いでしょう。

また、費用を抑えたと思われるかもしれない点については、上記のタクシー代を負担するなどした時点で、逆にものすごく費用をかけている印象を与えることができるかもしれません。

また、ゲストが結婚式で見ているポイントは、実は円卓に飾られている装花だったり、ドリンクの種類が豊富かどうかや、引き出物の豪華さだったりします。

それらを豪華にすることで、費用を抑えたと思われる可能性は低くなるかもしれません。

 

冬の結婚式には、メリットもデメリットも多くあります。

メリットがあっても、やはりゲストの思いが気になるという人もいるかもしれません。

そういった人は、「同じ日に、他の新郎新婦もきっと挙式している」と考えてみると、少しは気持ちが落ち着くかもしれません。

そして、結婚式の内容は新郎新婦によって異なるものです。

新郎新婦にとってもゲストにとっても、忘れられない一日となるよう、ウェディングプランナーの方としっかり打ち合わせをしましょう。

また、実際に冬に挙式した先輩夫婦に話を聞くのも、参考になりますね。

デメリットを掻き消せるくらいの素敵な結婚式にしましょう。

サイト内検索
神奈川結婚式場人気ランキング
エリア別でおすすめの結婚式場